論文の読み方 (how to read a paper)

論文の読み方をおさらいする。

英語でただでさえ遅いので、論文の読み方を考えるのは重要だと思います。料理や音楽と 一緒で、まずは論文をたくさん読まなければ、いい論文は書けません。

作法は色々あるみたいだけど数年の間僕がやってみて一番しっくり来るのが、この keshav2007read 論文です。これをもとに要約をします。他にも読み方があるという 方は教えてください!

研究者でなくてもみんな出来るだけ効率的に読みたいと思うのではないでしょうか。ここ で「効率」をきちんと定義しておくと、同じ時間で自分の興味・研究に深く関連する論文 をより沢山・理解することを指します。

この方法は読み方を三段階に分けていくことで、効率をあげていくというものです。それ ぞれ目安時間を書いておきましたが、最初のうちは2倍くらいかかると想定してください。

1. 流し読み(5 分)

目的:できるだけ速くざっくり、論文の存在を認知する

数多ある論文の中でいいやつを取捨選択する能力をつけます。そのためにまず「流し読み」 をします。「流し読み」は、以下の手順に従います。

  1. Title と Abstract と Introduction を注意深く読む。
  2. Section の subsection の見出しを読む。
  3. Conclusion を読む
  4. References に目を通す

これだけで、どんな論文か予想が着くと思います。どんなカテゴリー1なのか、コン テクストは何か、確からしさはどうか、なんで役に立っているか、きれいにかけているか? を気に留めるといいでしょう。最初のうちは、別に書き出しておくのもいいかもしれませ ん。特に最後の「 4.Reference に目を通す」を軽視しがちですが、面白そうだな、重要そ うだなと思うものにまるするだけでもやっておくと、分野に対する理解のスピードが圧倒 的に変わります。

「流し読み」の段階で意味がわからなければ、いきなり難しい論文に取り組みすぎたのか、 それか単純に出来の悪い論文ということなので、これ以上読む必要はありません。後者で ある事が多いです。自分で論文を書くときはこの裏返しです、5分で枠組みをつかんでも らえなかったらゴミ判定されてしまいます。誰もゴミは読みたくありません。

読み方の流派として、この段階で図表をみるというのもあったりしますが、これは気にな ればやってもいいし、やらなくてもいいです。この段階の目的は速さである事を考えると 飛ばしちゃっていい気がします。だって5つも図あったら論文の内容を掴みながら 5 分 はきついでしょう。ひとつだけだったらいいかもね。

2. 通し読み(1 時間)

目的: 一定のスピードで人に伝えれるレベルで理解する。

「流し読み」で大体掴めたら「通し読み」をします。文量によりますが、練習次第で 1 時間くらいで読めるといいでしょう。

「通し読み」の際は、周りに追記をしていきながら、頭から読んでいきましょう。前回の 「流し読み」から時間が立っていればタイトルから、直接の場合は Introduction の後か ら読み進めていきましょう。一定のスピードで読むのが目的なのでわからない単語で文脈 からも推測できなければ丸しておいて、最後にまとめておさらいが良いでしょう。あと、 数学的な証明もまだこの段階で読み込む必要はありません。「ふーんこれこれのためにこ れを導きたいんだねー」程度でいいです。

一方で特に図表はしっかりみて、縦軸と横軸は何を示しているのか、筆者は何を伝えたかっ たのかを考えましょう。結果は文章でもかけます、なぜ図にしたのかを考えるといいです ね。たとえば、「実験の結果、家賃が 231%に上がってもなお 90%の人が都心に住む事を 望んでいた」って書けばいいものをわざわざ図にしたいと思った人がいたって事です。定 量的なデータだったら、エラー率が書いてあったり、軸にどれだけ意図が含まれているか 誠実さも見れるといいですね。2

あと、未読の参考文献があったらマークしておきましょう。参考文献の使い方にも色々あ る事がわかります。その参考文献がないと成り立たない基礎になっているものがあったり、 なくても成立するが、論を補強するために使われているもの、ある文献を批評し乗り越え ようとするもの、先生に言われてただ乗っけてみた等色々あると思います。

この「通し読み」が終わったら、専門・興味のど真ん中でなくても論文の内容を人に伝えられ るはずです。やってみましょう。

この段階で書き方が悪かったり、数式が多くて難しかったり、分野違いだったりして理解 のレベルに差があるはずですが OK です。全然わからなければ、自分とはご縁がなかった んだと諦めて去るか、参考文献を読んで出直してくるか、悔しいから熟読してやろうと意 気込んで次の熟読ステップにいくかです。一方、明るい分野でこの段階で論理の流れがた どれて、仮説に疑問があったり、改善点が見つかったりしていれば理解できたという事で 自分の論文の参考文献として使えるかもしれません。

3. 熟読(3 時間-)

目的: 完全精読し血肉として消化し、一体となる。

最後のステップです。理論をプログラムとして実装してみたい。とか、ごく似ている実験 をしてみたい、分野的には超重要な伝説の論文。だったりする場合です。僕は単純にかっ こいいなぁと思えば、熟読します。レビュー側に回ったらここまでやります。3

読み方は一字一句という他ないのです。

まだ読んでいない参考文献があれば少なくとも流し読みするし、論文が暗黙に想定してい る前提を列挙していきましょう。たとえば、

「Bluetooth による感染者追跡を個人のプライバシーを守った上で可能にするシステムの 提案をした。」

ここでいう個人って誰?プライバシーの定義は?Bluetooth 機器だったら全部?(ヘッド ホンとか)?

自分が同じ実験をやったとしたらどのよ うに論文を書いて引用数をこの論文よりも獲得するか。親殺しのノリで読みましょう。計 算もするし、証明も写経していきましょう。ここまで行けば、その次の論文もかけるはず です。最初は 4,5 時間かかるかもしれません、上達すれば1時間でできるって書いてあり ますが、僕もそんなに早くないです。(分野によります)

論文サーベイの仕方

すでにどんな研究が行われてきたかを調べるのを論文サーベイといいます。上で紹介した 三つのステップが頭に入っていると、論文サーベイもできるようになります。まず、ここ 5年の研究で引用の数が多めなものを Google Scholar を使って 3 本引っ張ってきて、 上記の流し読みをしましょう。もし、その中にサーベイ論文があったら運よくて終わり。 なければ、その3本の論文でよく出てくる名前や論文を列挙しましょう。コアになります。 そしたらそのよく出てくる人がよく出しているジャーナルを探しましょう。分野が見つか り芋づる式に関連論文が探しやすくなると思います。そのよく出てくる人の論文やジャー ナルの中でよく参照されている論文を通し読みしていきましょう。これを持って大体分野 の理解と重要論文のリストが出来上がり、サーベイ完了です。

最近は、このサイトが重宝します。ある論文をもとにネットワーク図を書いてくれます。 例えば、この論文Howard2019DistributedCR を読んで、図を出力すると。

Figure 1: connected papers

Figure 1: connected papers

が見えて、色が濃くて大きいノードを見ていけば、分野の俯瞰できます。便利です。

道具

酒井は論文読むのに、iPad を使います。依然書き込みをしながら読むのは PDF が一番で す。書き込んだ PDF は Dropbox に一箇所にまとめてパソコンでも見れるようにしてあり ます。PDF とは別に知見をまとめるのには emacs のプラグインである org-noter を使います。

例えば、これ。Notes on “The curatorial turn: from practice to discourse”あんまり 読み物としてはつかえなけど、メモとして残しておけるので良い。特にステップ 3 の熟読 までやる必要がある場合はいいかもしれない。

<2020-06-10 Wed>: Connected papers の項目を追加, JabRef はあまり使わなくなった、 全部 emacs でできるし速い。

関連

建築の読み方 - 諸江さん

タグ: japanese

Bibliography

[keshav2007read] Keshav, How to read a paper, ACM SIGCOMM Computer Communication Review, 37(3), 83-84 (2007).

[Howard2019DistributedCR] Heidi Howard, Distributed consensus revised, in edited by (2019)


  1. 紹介論文なのか、作ってみた系なのか、疑問を思考実験してみたのか、数学的な 証明をしているのか。等 ↩︎

  2. 科学が全てニュートラルかと言われたらそうでもなくて、ルールの中でいかに論 文として生き残るかを競っているので、論文の仮説の成立という価値基準はあると僕は思 います。読んでみて「これちょっと流石に、捻じ曲げすぎでしょ」という指摘の良し悪し はおいておいて、そこまで批評的に考えられるのはいい兆候です。 ↩︎

  3. レビュー時にゴミが回ってきて、流し読みをして意味がわからなければほぼ却下 です。と強気な事いいたい気持ちもありますが、優しいので、基本的に熟読レベルまで泣 きながら読みます。 ↩︎